相続問題、空き家問題を漫才形式でお伝えする!「相続漫才」第5弾をアップしました。


まるわかりブラザーズでお届けしている「相続漫才」の第5弾をアップしました。 今回のテーマは、相続人(兄弟姉妹)間で意見の合わない「空き家」の対策法についてです。 本当に良くあるケースですが、核家族でご両親だけが実家で暮らしていて、ご両親ともが他界され、空き家となった実家を今後どうするかについて、兄弟姉妹で意見が割れてしまうというものです。 長男は、「売却するべきだ!」 長女は、「想い出のある実家を手放すなんて嫌!」 といった感じです。 (でも、誰も住む予定は無いので、このままだと、ずっと空き家のまま、維持管理費用だけがかさみ、また、所有者責任も重くのしかかってくる場合もある。) そういったときは、次の手として「賃貸に出そう!」という選択があります。 しかしながら、安易に「とりあえず賃貸に!」と、通常の賃貸物件として貸そうとすると、かえってリフォーム費用がかさんだり、思ったほど賃料収入が得られず初期投資分がマイナスになってしまったり、返して欲しいときに返ってこなかったりとデメリットやリスクもたくさんあります。 そこで、今回紹介しているのは、不動産会社が「一括借上げ」をして転貸する仕組みと、自宅の建替えをする人のための仮住まい用に短期間賃貸する方法です。 もちろん、どんな物件でも対応可能というわけではないので、立地や建物の状況毎に判定をする必要がありますが、最近は、いろいろなサービスがありますので、皆様にとってのベストチョイスを見つけていただきたいと思います。 ここで重要になるのは、やはり、どんな状況でも決して諦めず、一緒になって最適な選択肢を探してくれる、中立かつ総合・総括対応の相談窓口に相談することです。 皆様にとってのベストパートナーを見つけていただきたいと思います。 それでは、第6弾もお楽しみに!!


10回の閲覧

​  想いと財産マネジメントサービス

TEL・FAX : 0562-44-9054

携帯TEL : 080-5133-7357

講座参加ボタン.png

〒474-0074  大府市共栄町7-10-3-101

Copyright 想いと財産マネジメントサービス All Rights Reserved.