top of page

不動産の利活用、適切な相談先は!?

元々、私が今の仕事をしようと思ったきっかけとなったテーマです。


不動産を利活用しようと思ったとき、誰に相談すれば良いのか!?


について解説をいたします。


一般的な不動産の相談先は、以下の2択ですね。


1.不動産屋(売買仲介業者)


2.住宅会社(住宅メーカーなど)


1の不動産屋(売買仲介業者)へは、売ると決めたら相談に行きますよね。


2の住宅会社(住宅メーカー)へはどうでしょうか!?

セミナーなどへの参加がきっかけとか、営業マンによる飛び込み訪問からという場合もあるでしょう。


私は、11年間、2の住宅会社(住宅メーカー)で、賃貸住宅・土地活用事業の推進をしておりました。


私が今の仕事をしようと決めたのは、そのときの土地オーナーの一言がきっかけだったのです。


とある郊外に広大な土地を所有するオーナーから相談をもらい、現地を見て、私はこう答えました。


「この土地は立地的に賃貸住宅事業には向きません。止めましょう!」


そうすると、土地オーナーはこうおっしゃいました。


「よく言ってくれた!」


「あなたははっきり止めるべきだ!と言ってくれたが、他のメーカーは建てろ!建てろ!しか言わない。」


「正直、私もこの土地でアパートを建てて良いかどうか不安だったんだよ。やっぱりそうか!」


「じゃあ、あなたから見て、この土地の最良の活用法は何だと思う?アドバイスしてくれないか?」


私は、こう返しました。


「私は賃貸住宅事業を推進する身なので、それ以外の活用法を提案する立場ではありません。」


「他の専門家にご相談ください!」


以下、土地オーナーの、この言葉が印象的でした。


「でもね、それをアドバイスしてくれる相談先はないじゃないか!」


「不動産屋は売れ売れ!言うし、他の住宅メーカーは建てろ建てろ!言うし、他に相談する先は無い!」


「私はどうすれば良いのだろう。」


そこで、私も気付いたのです。


確かに、土地オーナーの所有土地の対し、本当に最適な利活用法を正しくアドバイスするような窓口が愛知県内には無いことに。


そこで、私がその役割をやろう!と決め、業界経験を活かし、土地オーナーにとって本当に最適な利活用法を選択していただける100%相談者の味方となったサポートを行う、今の仕事を始めることにしたのです。


上記からもわかるように、

不動産屋は、不動産を売り買い(貸し借り)することで仲介手数料を得る仕事です。


そのため、売り買い(貸し借り)以外のアドバイスをしても意味のないことが多い。


結果、売り買い(貸し借り)に誘導(売れ売れ!ですね。)となり易いわけです。


住宅会社(住宅メーカー)は、建物を建ててもらってなんぼの商売なので、それ以外のアドバイスをしても意味がないことが多い。


結果、建てることに誘導(建てろたてろ!ですね。)となり易いわけです。


では、どこに相談すればよいか!?


不動産業界と住宅業界の経験が豊富で、売れ売れ!や建てろ建てろ!とならない相談先があるといいですよね。


つまり、アドバイスやサポートに必要な知識・経験・ノウハウが豊富で、相談者にとってベストな選択肢を正しく提示できる、100%相談者の味方となる専門家が最適な相談先なのです。


皆さんも、相談先を間違えて後悔をしないよう、正しく相談相手を見つけてください。

Comments


最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square