住宅会社選びのポイントって!?

家づくりをする際、皆さんは何社くらいの住宅会社を検討しますでしょうか!?


1社決め打ちの方から、10社以上検討する方もいらっしゃるでしょう。


住宅会社といっても、大手ハウスメーカーから地元の中小の住宅会社まで、

それこそ数百社の中からどうやって選ぶか!?

会社の信頼性・性能・好み・コスト・デザインなど、いろいろと決定要素はありますが、

実は「人」がとても大きな要素だと感じています。


大手住宅メーカーの場合、皆さんと直接打合せ(折衝)する営業マン、新人からベテランまで大勢います。


その中から、たまたま最初に接客した営業マンが担当となることがほとんどです。


つまり、紹介でもない限り、営業マンを選べないことがほとんどです。


しかも、その担当営業マンに対し「どうも信頼できない。」とか、「相性が悪い気がする。」と思ってもチェンジが効かないことが多いです。(チェンジが効かないのはメーカーサイドの社内的な事情がほとんど)


そうなりますと、たとえそのメーカーの建物が気に入っていても、相性の悪い営業マンが担当である限り、トラブルなど、建築後に後味の悪いことになりかねません。


また、中小の住宅会社(いわゆる工務店など)は、スタッフ人数ギリギリで切り盛りしているところもあり、担当者との相性が悪いと一切替えが効かないということもあります。

また、1人休んだり辞めたりすることでスケジュールに大幅な狂いが生じることも考えられます。


それだけ、ゼロから造る注文住宅においては「人」が大きな要素となります。


私は、家づくりサポートを承った場合は、依頼者の求める優先順位に対する各社の向き不向き判定もさることながら、住宅会社の担当者(営業マンなど)を見極めることにも重きを置いています。


誠実か、はぐらかさないか、手抜きをしないか、自分の都合を押し付けないかなど、いろいろな視点で評価をし、依頼者にフィードバックします。

(ちなみに、新人かベテランかは関係ないと思っています。)


また、中小の住宅会社の場合、大手と違って技術力や実績に裏付けが乏しい場合が多いので、見極める要素として以下の2点を実施しています。


1.建築中現場を見る(主に整理整頓状況を確認します。)

2.建てた施主にインタビューする(主に満足度とアフターサービス状況を確認します。)


これを複数実施し評価します。


さらに、直接的ではありませんが、とても大きな評価基準としていることがあります。


実は、私は実家相続のサポートも行っている関係で、空き家となった実家の売却のご相談を承ることも多いのです。


その際、私は不動産屋ではないので、売却予定の土地情報を住宅会社に直接相談することがあります。


方法は、メールで資料を送って電話でフォローするか、直接訪問するか。


その時の反応を見ています。


興味の有無にかかわらず丁寧な対応する人、話している途中で電話を切る人。


対応はいろいろですが、やはり丁寧に対応する人がいる会社はちゃんとしていると思います。


逆に、こちらが話している途中で電話を切るような人がいる会社は絶対に問題があると思ってしまいますね。


つまり、直接のお客さんにだけ表面上丁寧な対応をしているだけなのか、取引先やその他の関係者全てに丁寧な対応をしているのかを評価します。


意外とそこが本質だったりしますので、私は重視しています。


というように、表面上見えない部分を含めて住宅会社を評価すると、後悔の無い家づくりができますね。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square