配偶者居住権を正しく理解してますか!?

2020年4月1日より施行され「配偶者居住権」。


皆さんは正しく理解されていらっしゃいますでしょうか!?


先日もご相談者から質問がありましたが、やはり誤解されておられました。


そこで、「配偶者居住権」の捉え方の課題について解説いたします。

まずは、民法上の規定です。


配偶者居住権とは、

「配偶者が相続開始時に居住していた被相続人所有の建物を対象として、

終身又は一定期間、配偶者に建物の使用を認めることを内容とする法定の権利」

とあります。


つまり、相続時において、配偶者が自宅に住み続ける権利を法律上認めたということ。


以前、弁護士さんの説明では以下の内容でした。

【家族構成】  4人 お父さん・お母さん・長男(別居)・長女(別居)

【被相続人】  お父さん

【被相続人の遺産】 預貯金3000万円

              自宅不動産2000万円            合計5000万円


これをどう相続するかとなったとき、

今までの場合(配偶者居住権が無く、配偶者が自宅を必要とする場合)であれば、


配偶者(お母さん)が法定相続分の1/2を相続するので、

自宅不動産2000万円と預貯金のうち500万円を相続する。


残りの預貯金のうち、長男と長女が、

それぞれ法定相続分の1/4にあたる1250万円を相続することになる。


その場合、お母さんは預貯金については500万円しか相続しないため、

今後の生活費に不安が残る。


そこで、

配偶者居住権を行使すると、


配偶者(お母さん)が配偶者居住権1000万円と預貯金のうち1500万円で、

法定相続分の1/2となる合計2500万円を相続し、