高齢期の住まいの選択肢ってどんなものがある!?

核家族社会の現代、ほとんどの家庭で子世代が巣立ち、

高齢期には親世代だけで暮らすことになるため、

広い戸建て持ち家を持て余していることが多いですね。


また、独り暮らしとなると、

古い戸建てでは段差も多く、家の中ので事故が多発します。


とういうことで、

本来、高齢期にはこれからの暮らし方をどうするのか考えるべきですが、

選択肢にはどのようなものがあるのかについて解説いたします。

1.やっぱり、このまま古い持ち家で住み続ける

  

   この選択をしたい親御さんが多いと思います。


   その際、合わせて考えないといけないことは、


   ①建物の耐震性


   ②生活の安全性


   ③生活の介助

 

   ④見守り


   ⑤相続の分割対策


   ⑥認知症対策


   ⑦次世代への負担の軽減


   など、総合的に親世代と子世代が相談しながら決める必要があります。


2.都心の分譲マンション


   この選択をされる親世代も多いと思います。


   今よりも利便性良く、バリアフリーのマンションに、

   自宅を売却するなどして住み替えする方がいらっしゃいます。


   この場合は、

   不動産→不動産という選択のため、

   やはり子世代が揉めないように、分割対策は必要です。


   また、利便性が良いからと住み替えたあと、

   実は、普段の買い物に不自由を感じる立地も都心にはありがちなので、

   充分注意が必要です。


3.有料老人ホーム


   ひとえに老人ホームといっても種類があります。


   民間が運営する、「住宅型」や「介護型」など、

   公共施設である「特別養護老人ホーム」などです。


   また、大前提として、老人ホームは「施設」に定義づけされます。


   つまり、自由に暮らす「住宅」ではなく、誰かの手を借りて暮らすため、

   ルールの中で生活するものです。


   そのため、元気なうちに選択し、入所した人の中には、

   他の入所者との違和感をおぼえ、出てきてしまう人もいらっしゃいます。


   充分に検討し、選択する必要があります。


4.賃貸住宅


   現在、この選択をされる方が増えてきたように感じます。  


   ①サービス付き高齢者向け住宅


   ②URの高齢者優遇賃貸住宅


   ③一般の高齢者向け住宅(管理会社運営)


   ④新たなセーフティネット制度対象賃貸住宅


   など、選択肢が増えてきたことも要因だと思います。


   今後、賃貸住宅は益々事業性が厳しくなる物件が増えることで、

   高齢者向けへの転用を図るオーナーがより一層増加するはずです。

   更に選択肢が増えること予想されます。


   自宅を売却し、その売却資金を元手に、

   ゆったり気軽に暮らせる安全・安心の賃貸住宅へ住み替えるする方です。


   この選択をする場合は、将来、健康状態に問題が発生した時のことを想定し、

   対策を準備しておく必要があります。


   ただし、それさえ準備しておけば、

   分割し辛い不動産の分割対策という、最も面倒なことをする必要が無くなりますし、

   子世代が厄介な負担を負うことも減ります。


   上記のようにいろいろな選択肢があって、

   それぞれのメリット・デメリット、考えておきべきリスクがあります。


   検討する際は、出来る限り広い視野で、

   多くの選択肢の中から、充分検討の上、選んでいただければ、

   後悔することが少なくなります。

最新記事