​  想いと財産マネジメントサービス

TEL・FAX : 0562-44-9054

携帯TEL : 080-5133-7357

〒474-0074  大府市共栄町7-10-3-101

Copyright 想いと財産マネジメントサービス All Rights Reserved.

​よくある相続トラブル事例をご紹介します。

⦅事例1⦆

二世帯住宅
土地は父名義(3,000万円)
​建物は長男名義
​父金融資産300万円
長男が両親と二世帯同居
​長女と次男は、県外で持家住まい。
父が他界したが、相続税はかからないため、土地を長男が相続しようとしたところ、長女と次男が、自分達の法定相続分を主張。
母の相続(2次相続)の際に同じトラブルが必ず発生する。
​結局、一旦土地は、母名義としたが、兄弟としては、長男と長女次男が仲違いしたまま、疎遠となる。

⦅事例2⦆

土地・建物ともに父名義(2,500万円)
​父金融資産はほとんど無し
​相続財産実質実家のみ
核家族世帯。
両親が実家で二人暮らし。
母が先に他界し、父が実家で独り暮らしをしていたが、ほどなく他界し実家が空き家に。
​長男は売却を希望したが、あとの2人が反対し、3人均等相続のため、共有名義に。
​数年が経過してから、結局、売る売らないで揉め事になり、訴訟に発展。
不動産の兄弟姉妹による共有名義は、揉める可能性高い。