「配偶者居住権」の注意点とは!?

2020年4月より「配偶者居住権」が施行されました。


それにより、様々な方法(セミナー、ニュース、雑誌など)で解説がされています。


その結果、遺産分割というものについて勘違いが発生してしまっているなぁ!

と感じることが増えてきました。


そこで、今回は「配偶者居住権」に関わる勘違いと注意点について解説します。

1.遺産分割割合


  ご相談者に中に、

  「遺産分割は法定相続で分けないといけない。」と思い込んでいる人が増えました。


  そうじゃないの!?と思われた方は、既に勘違いをしています。


  遺産分割割合は家族の自由です。


  「配偶者居住権」の解説では、遺産分割は法定相続分が原則と説明しています。


  これは、あくまでも法律的解釈です。(杓子定規な理屈)


  実際は、円満家族であれば、

  遺産分割協議にて自由に分割割合を決めれば良いというのが実務上の原則です。


  つまり、お父さんの相続の際、

  息子や娘は相続分ゼロで、お母さんが100%相続しても問題ありません。

  円満家族であれば。


  法定相続分は、家族が円満でないケースを想定しています。


  皆さんの家族はいかがでしょうか!?


2.「配偶者居住権」を行使すると、かえってトラブルのもとに!?


  以下は、以前に私が実際に聞いた弁護士による「配偶者居住権」の説明会の内容です。


  お父さんの相続で、遺産が土地・家2000万円、現預金が3000万円。


  相続人は、お母さん・長男・長女の3人。


  どのように相続するか!?


  解説では、

  従来は、法定相続分により、

  お母さんが自宅に住み続けたい場合は、土地・家2000万円+現預金500万円。

  残りの現預金を長男と長女で均等割り。

  それではお母さんが現預金を500万円しか相続できないので、生活に困る可能性あり。


  「配偶者居住権」を行使すると、

  「配偶者居住権」を1000万円と設定し、

  お母さんは「配偶者居住権」1000万円+現預金1500万円。

  残りは、土地・家の所有権が1000万円分と現預金が1500万円。(土地・家<現預金)