親がアパートオーナーの相続で注意すべきことは!?

親御さんがアパートオーナーという方が結構いらっしゃいます。


アパートオーナーである親御さんの大部分が高齢者ということもあり、

私も相続財産にアパートを含む方の相続に関わることが多いです。


そこでいつも感じること、

それはアパートの相続は慎重に検討すべきということです。


ほとんどのケースで、賃貸経営に携わっているのは親御さんのみで、

子世代は全く関わっていません。


相続が発生して初めて身近な問題となる子世代がほとんどです。


今回は、そんな家族の相続で気を付けるべき点について解説します。

1.遺産分割協議をする前に経営状況をしっかり分析する


多くの子世代は、アパートは収益物件だ!と見込んでいます。


つまり、プラスの財産であるはずと踏んでいるケースがほとんどです。


しかしながら、ふたを開けてみると、

負担となっている、つまりマイナスの財産であるケースも多く存在しています。


地域により、建築年代により、建物により、とそれぞれではありますが、

例えば収入よりも支出が多かったり、デッドクロスに陥っていたり、

既に空室率がかなり高くなっていたりと様々です。


最悪なケースは、あまり修繕等を行わず、しかも収入を生活費で消費し、

現金等の資金がほとんど無いというものです。


そのため、まずは親御さん所有のアパートは果たしてプラスの財産なのか、

マイナスの財産になってしまっているのかの見極めをすることが必要です。


それをせずに子世代の誰かが相続してしまうと、必ず後悔することになり、

場合によっては、それが元で兄弟トラブルに発展することさえあります。


2.アパート単体の相続ではマズイケースも!?


築年数の浅い物件の場合はまだ大丈夫な場合が多いですが、

20年以上経過している物件の場合、

今後の経営でかなりの支出を見込む必要が出てきます。


特に直近に大規模修繕等を行っていない物件は要注意です。


その費用をこれからの賃料収入で賄えるかというと難しい場合が多いです。


ということは、アパートを相続する家族は、

今後の経営資金として現金も併せて相続する必要があります。


しかし、それが問題となる場合があります。